About Misaki

1983年1月 兵庫県生まれ

 

幼少期は一人で作り話をして人形遊びを黙々とする妄想大好き、内弁慶な子供でした。

 

小学生のときに近所の個人の小さな英語の塾に行ったのが最初の海外・英語経験。

 

海外は楽しいんだろうな、と頭のすみにありつつ、受験英語は苦手だった学生時代。

 

 

大学(英文科ではない)へ進学、卒業し、営業として3年勤務しますが、もっと自分の枠を広げたいと感じ、

 

一念発起して幼い頃から憧れの海外に住むことを実現するため、オーストラリアへワーキングホリデーへ。

 

 

オーストラリアに行く前には英会話スクールに通い、教室で練習しては暗記し、

 

「話せるようになった」つもりでいました。

 

 

オーストラリアに到着し、語学学校2日目になんとトイレでスリに遭遇。

 

とっさの出来事でびっくりしたこともあり全く言葉が出ず、

 

相談したホストファミリーにもうまく英語で自分の状況を伝えられない情けない状況でした。

 

英語を自分で考えて話せることは、暗記して答えることと全く違う!と痛感しました。

 

また、せっかく来たのだから絶対話せることに自信を持てるようになって帰ろうと決意した体験でした。

その語学学校も修了し、住み込みベビーシッターのお仕事を頂き、24時間3カ月英語漬けに。

 

子供たちと過ごす中で、私が日本で英会話を習っていた時に盲点になっていた英語習得の考え方を教えて頂きます。

 

帰国直前はTOEIC対策講座を受講し、910点を習得しました。

 

帰国後は日系、外資系のメーカー中心に英語を使った営業事務、カスタマーサポート、購買、翻訳を経験し、

 

教科書には出てこない、仕事や生活で使う実用的なやりとりや、英語での伝え方を習得しました。

 

 

海外好きで休みのたびに旅行をしていた私。

 

オーストラリアでできた友達を訪ねて ヨーロッパ周遊、韓国へ。

 

その後もタイ、ベトナム、イタリア、マレーシアへ、アメリカへはドライブの旅に出ました。

 

このまま、OLをしながら旅行を楽しむのかな、と思っていました。

 

 

そんな中また人生の転機になる出来事がおきます。

 

ベトナム旅行のために休みを頂き、まさに出発しようとした前日に

 

当時勤めていた外資系メーカーの社長に呼ばれました。 

 

経営状況の悪化により、退職勧告を受けたのです。

 

休みのために頑張って働いてきた私には、天と地がひっくり返るくらいの感覚でした。

 

そこで、自分について考えます。

 

今までは、英語を話せるようになるには、休みを楽しむためには、と

「自分がなく、何かを使って、何かのために頑張る」という状況。

 

せっかくまた仕事をするなら、自分らしく活動していきたい。

そのツールとしての英語を伝えていきたい。

 

2016年9月から、海外での経験を生かしフリー英会話講師として活動を開始しました。

 

英会話レッスンは、旅行、海外と取引した仕事から身につけた、テキストを使わない

「本当に使える」フレーズを厳選したものを。

 

英語コーチングでは、自分に本当に必要な勉強に的をしぼったオーダーメイドのカリキュラムを提供しております。

 

体験レッスン、セミナー、グループレッスン合わせて40名以上の方と接し、

日本人の目線になった分かりやすいレッスン というご感想を頂いています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

皆様お会いできますのを楽しみにしております。

 

Take it easy!
Let’s get helped because you deserve it.
英会話サポーター Misaki